読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あたも開発ブログ

セットジャパンコーポレーションの社員が運営しています。

遂に出た - Mac版Visual Studio

MicrosoftのイベントConnect(); // 2016で「Visual Studio for Mac」が発表されたので、早速入れてみました!

Visual Studio for Mac」は「Xamarin Studio」をベースにしたもので、macOSiOSAndroid、サーバーアプリケーションの開発が可能みたいです。


ダウンロードはMicrosoftの公式サイトからできます。
Visual Studio for Mac
(iOSアプリを作成する場合は別途Xcodeが必要)





とりあえずダウンロードしてインストール。

f:id:atamo_dev:20161123182819p:plain
f:id:atamo_dev:20161123182735p:plain
f:id:atamo_dev:20161123182742p:plain
f:id:atamo_dev:20161123182748p:plain

特に何もすることなく、ボタンをポチポチしているだけでインストールが終わりました。
楽でいいですねー。


インストールが終わったので、とりあえず新規でプロジェクト作成。

f:id:atamo_dev:20161123182754p:plain

プロジェクトを作成したらまずは何も変更せずに実行!

f:id:atamo_dev:20161123182802p:plain
f:id:atamo_dev:20161123182806p:plain

(おぉーちゃんと動いたー!笑)
デフォルトだとタップでカウントアップするようになっているようです。


ざっと触ってみたところ、Xamarin Studioの名前がVisual Studio for Macになったような感じです。
とりあえず近いうちにこれでアプリを作って記事を書いてみようと思います。